いつもたくさんのアクセスありがとうございます!by Akio

記事一覧

バリ島観光 プラデサ ウワガジャ ワルンデス食堂 ウブド市街地の観光

P_20171124_0808430002.jpg
翌朝!の
プールサイドからのー

P_20171124_080807_HDR0001.jpg
朝食は
ホテルのルームサービスから
インドネシア料理の
ミーゴレン!
味は間違いないですね!
またプールサイドで優雅に食べれるのが
ヴィラの良いところです。

P_20171124_1211370006.jpg
今日は
バリ島を観光することにしました
こちらはプラデザという寺院です。

P_20171124_1219010015.jpg
バリ島の寺院は
塔のタイプの寺院が特徴です。

P_20171124_1220100018.jpg
また石の細工は
全て職人さんの手彫りで出来ており
細やかで美しい細工が特徴でした!

P_20171124_1220350019.jpg


P_20171124_1221030020.jpg
金の装飾がされているものもあり
煌びやかでしたね。
日本の東照宮の屋根にも似ているように感じました。

P_20171124_1223380021.jpg


P_20171124_1224580026.jpg
前回のバリ島旅行で友達になった
ガイドさんが亀捕まえてました 笑

P_20171124_1252490027.jpg
次の観光地は
ウワガジャという
バリ島で有名な遺跡です
こちらはパワースポットのようでした。

P_20171124_1255060029.jpg


P_20171124_1255490030.jpg
穴が掘られて発見された
遺跡のようなので
階段を降りていきます。

P_20171124_1256200031.jpg
階段を降りて行くと
遺跡はこのように見えます。

P_20171124_1256260032.jpg


P_20171124_1259050034.jpg


P_20171124_1311220048.jpg


P_20171124_1302160037.jpg
この洞窟の中に
ガネーシャの像があり
パワースポットと言われています。

P_20171124_1311080047.jpg
またこのチェック柄の布の巻かれた
大きな大木も
神聖な木のようでここでもパワーがもらえるようです。

P_20171124_1311450049.jpg


P_20171124_1327410052.jpg
ランチは
ガイドさんおすすめの
地元バリ人に大人気の食堂
ワルンデス食堂に
連れて行ってもらいました!

P_20171124_1343490056.jpg
店内の雰囲気

P_20171124_1329460053.jpg
インドネシア料理の
ナシチャンプルーです!
これで日本円で500円ほど

P_20171124_1329550054.jpg
炒めた味付けご飯は
インドネシア風チャーハンと言う感じでした!
味付けは美味しいです。
上に乗ってる具は
チキン
ゆで卵
から揚げ
モツ
野菜炒めなどがのっていて色んな味が楽しめるという感じです。
バリ地元の人はミーゴレンやナシゴレンよりこちらを良く食べるそうです。

P_20171124_1344100057.jpg
地元の街並みを観ながら
ランチを楽しめました。

P_20171124_1404370059.jpg
ランチの後は
夫婦二人だけで
ウブド市街地を歩いて探検です。

P_20171124_1405550060.jpg
もう交差点も
車やバイクや人が
ワイワイやってて
渡るタイミングが難しい
もちろん信号なんて一切なしの最高難度です 笑

P_20171124_1406530061.jpg
人がやたら出入りしてる
寺院を見学しました。

P_20171124_1407520063.jpg

P_20171124_1408430064.jpg

P_20171124_1413560065.jpg
お土産のお店も
色々ありました。

P_20171124_1426400070.jpg
見ざる聞かざる言わざるの
三猿の置物があったり面白いです。

P_20171124_1424520069.jpg
西洋人の方が通る度に
ナデナデされる
面白サイの置物がアイスクリーム屋さんへ

P_20171124_1415400066.jpg
見た目フワフワで
ナイス!
超美味しそうなアイスクリームが一杯でした。

P_20171124_1417320068.jpg
夫婦でティラミスソフトに
甘くてボリュームもあって
ゆっくり休憩できました!

バリ島、観光続く!
スポンサーサイト

検索フォーム

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

AKIO

Author:AKIO